ホーム > 院長ってどんな人?

院長ってどんな人?

院長経歴

院長

こんにちは!老松中角整骨院の院長、中角伸也です。柔道や野球などのスポーツに熱中した学生時代を過ごしました。自転車で新聞配達をするアルバイトをしていたことから、今でも自転車は趣味のひとつとして楽しんでいます。

体を動かすのが大好きな私ですが、スポーツにより体を壊してしまったことがきっかけでプレーヤーとしては退き、柔道を通して知ったこの仕事を目指すことにしました。

院長メッセージ

院長

心身ともに鍛えるスポーツはもちろんのこと、日常の動作や行動でも心と体は密接に関わりあっています。
体に起こる痛みを我慢したり、何かを諦めなければならないのは、本当につらいことです。
「痛みさえなければ」「もっと体が楽に動かせたらどんなにいいか」「スポーツで自分の実力を出せる体作りをしたい」など、人生を楽しみたい方、いきいきと毎日を過ごしたい方を、私は全力でサポートしたいと考えています。

治療において心がけていること
心を込めて体に語りかける

私は、治療中に患者様の患部に手を当てながら「痛いだろうな」「つらいですね」と体に語りかけます。声をかけることもあれば、心で念じることもあります。そうすることで、まるで患部が応えてくれるかのように、ほぐれていくのです。

治療後の目標を共有する

あなたは、今抱えている痛みが取れたら何がしたいですか?
痛いからとこれまで我慢してきた色々なことが楽にできるようになります。痛みがなくなることで患者様の体と心に起こる変化を、じっくりとお話いたします。
たとえば、釣りがお好きな方なら、どこへ行って何を釣ろうか?しかけはどうしようか?などと、先の楽しみを一緒に想像しましょう。ワクワクすることで、治療の目的が意識され、それに伴って痛いところも変わっていきます。

老松中角整骨院 tel:093-321-0678